イージュー★ライフ
おえかきと4コママンガと雑談のブログ。
ゲーム系とオリジナルをおいてます。
近況マンガ。宙組公演「天は赤い河のほとり」観てきました

宙組公演行ってきました。
同行者は誰も原作を知らなくて
わたしだけ知っているという…。
熱く語りたいので原作も読みませうよ、皆の者。


ストーリーはオリジナル、
キャラクターは原作に忠実という舞台でした。
キックリ(一番従者)が観客とのガイド役に
なってくれていて、わかりやすくて良かったです。
好きなシーンはエジプト軍、ラムセス将軍に
助けられたユーリちゃんが求婚をされるところ。
ダンスがコミカルで可愛かったです。

image2.jpg
パンフレットはこんな感じ。
衣装がいいですねー。
ファンタジー好きにはたまりません。


レビュー「シトラスの風」は
宙組ができた20年前に初公演されたものを
リメイク、ということで
記念すべき舞台が観れてすごくよかったです。
色の洪水、という言葉が似合う
カラフルで壮大なレビューでした。
印象に残ったのは、昔のタップダンサーを
モチーフにした、「Mr.Bogangles」。
ダンディーでハードボイルド。
そしてあちこちで定評の高い
「明日へのエナジー」。ゴスペルに合わせて
だんだんと人数が増え、色がひらめいて…
なんか観たことないよ、こんなの、すごい。
舞台中はお話し厳禁なんですけど
暗転のときに後ろの座席から感嘆の声が
もれてました。わかるよ!


大劇場入口。日中は暑いくらいで
初夏の雰囲気です。

image3.jpg
お隣は宝塚ホテルの工事中なのですが
こんなボードが置いておりました。
記念写真を撮っている人も多かったです。

次に観に行くのは星組の「ANOTHER WORLD」。
和風で、落語がモチーフということで
たいへん楽しみです。


ミュージカル・オリエント
『天(そら)は赤い河のほとり』
ロマンチック・レビュー
『シトラスの風−Sunrise−』
〜Special Version for 20th Anniversary〜
宝塚大劇場:2018年3月16日(金)〜 4月23日(月)
東京宝塚劇場:2018年5月11日(金)〜 6月17日(日)
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2018/sorahaakaikawanohotori/index.html

  「天は赤い河のほとり 〜書簡〜」
(小学館「Sho-Comi」2018年6号に収録)
16年ぶりの新作エピソードだそうです。
舞台化って作者さんにも影響をあたえるのだなぁ。
| くくり | タカラヅカ日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
悪党は月にいたのだ

タカラヅカ日記の続きです。
舞台の構成は、前半お芝居(カンパニー)、
後半レビュー(ショー)となっておりまして
だいたい休憩も合わせて3時間弱くらい。
土日は1日2公演ですので
役者さんの体力のすごさに驚かされます。

レビューはもともと拡声器がなかったころ
後ろの座席の方でも楽しめるよう
セリフなしの演目を、ということで
行われるようになったのだそうです。
(演出者がパリで勉強して日本に持ち帰ってきた)
今回の演目は
「BADDY−悪党は月からやって来る−」
普段は短編の集まりなのですが
BADDYは全幕が同じストーリーのつながりで
キャラクターショーを楽しむ感じ。
はっちゃけてて楽しかった!
全世界禁煙の地球でたばこを吸ってやるぜ〜
みたいな舞台です。

主人公は、悪の親玉BADDYと
万能女捜査官のGOODYさん。
主人公とヒロインが敵同士っていうのは
わたしのツボです。
GOODYさんのドレスがどれもこれも可愛い。
ネクタイドレスがコンセプトでした。
「ダメ!ゼッタイ!」(言ってた)
これは外国の方でも、お子様も
楽しめるショーですね。
演出の上田久美子さんは初めてのショーということ
ですけど、今までにない演出ですごく良かった。
わたしこういうの見たかった。嬉しいです。


開幕前の画面。
月面のもこもこ。
なかなか気づけなかったです。


ミュージカル・プレイ
『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』
ショー・テント・タカラヅカ
『BADDY(バッディ)−悪党(ヤツ)は月からやって来る−』
宝塚大劇場:2018年2月9日(金)〜3月12日(月)
東京宝塚劇場:2018年3月30日(金)〜5月6日(日)
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2018/company/index.html


お外には2メートルほどもあるポスター。
前なかったっすよ!

次の演目は新生宙組の
「天は赤い河のほとり」
篠原千絵さんのマンガ原作です。

美しすぎるでしょう、この再現度。
わたし全巻持ってました。めっちゃ楽しみです。
これでまたタカラヅカに興味を持って
くださる方が増えたらいいな。

| くくり | タカラヅカ日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
近況マンガ。月組公演「カンパニー」観てきました

近況マンガです。



理不尽な出向で頑張っていくうちに
自分を取り戻すストーリー。
身体に痛みを抱えたプリンシパル、
自分に自信のないバレリーナ、
自分の枠を越えたいというアイドル、
いろんな人物の人生がかみ合って
ひとつのイベントを完成させるという
熱い舞台でした。
ヒロイン(愛希れいかさん)のメガネ姿が可愛い。
プリンシパル、高野さんの
「観客も仲間なんだ」っていうセリフは
客席に、ぐっと届きましたよ…。

原作を読む前に1回、
原作を読んだあとに1回という
観劇をしましたので
いつもより深く楽しめました。
原作もたいへん面白いのです。
脇役まで細かく描写されてまして
キャラ愛に溢れてて気持ちいい作品です。



チラシ、パンフ、写真集、原作。
読み物を集めるのも楽しいです(∩´∀`)∩
ショーがまたステキでね。
書き切れなかったので、明日続きを書きます。



今回は1階からメンバーのお写真を撮影。
扉の向こうはショップになります。
  原作は四十代サラリーマンと
二十代トレーナーのダブル主人公という感じ。
キーマンのプリンシパル、高野さんが
ものすごくいい味を出してます。
成功って、何を差すんだろうね。
自分の定義が必要ですね。
| くくり | タカラヅカ日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
近況マンガ。タカラヅカ「ポーの一族」観てきました。

近況マンガです。


花組公演初めて、というお友だちを
接待できて本当に良かった。
美しい世界でした。

このポスター(チラシ)は最初に観たとき
息を飲みましたよ。

マンガから抜け出したようなエドガーさん。
主演の明日海りおさんは精悍な男性役の
イメージなのですが
少年役もすばらしかったです。
タカラヅカで少年が主人公にならないのは
男役の背が高すぎるからなのだとか。

「ポーの一族」は読んだことなくて
この機に予習をしました。
吸血鬼の一族のお話なのですね。
原作にない、主人公の生い立ちが
最初に語られることで
少年の感情に添った物語として
強く印象に残りました。
そして吸血鬼もの描きたいなって
思いました。

演出の小池修一郎さんは
「ポーの一族」をやるために
タカラヅカに入られたそうで(!)
やっぱり信念をもって作品を作られる方の
熱量は本当にすごいなぁって。
小池さんの演出作品は好きなものばかりで
どんどん影響を受けたいです。


2階から撮影。
ここに飾られるお写真を見るのも
楽しみなのです。


舞台が始まる前はこんな感じに。
「まちがって”ぽいちのいちぞく”って
読まれはしないか?」「英タイトル
"The Poe Clan"にしないか」っていう
萩尾さん(原作者)と小池さんの
エピソードが楽しかったです。


公式サイト「花組公演・ポーの一族」 
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2018/ponoichizoku/index.html
宝塚大劇場 2018年1月1日(月)〜2月5日(月) 
東京宝塚劇場 2018年2月16日(金)〜3月25日(日)
| くくり | タカラヅカ日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
近況マンガ。宙組公演「不滅の棘」観てきました。

宙組公演「不滅の棘」を観てきました。
大劇場ではなく、
梅田芸術劇場のシアター・ドラマシティ
というところです。


タカラヅカ歴は5年になりますが
初のオペラ観劇です。おおー。

原作はカレル・チャペックの
「マクロプロス事件」。
1925年の作品だそうです。
タカラヅカでは15年ぶりの再演だそうです。
レアですね!

主演は愛月ひかるさん。
ストーリーは、主人公の目的が
最後に明かされるタイプの物語。
終盤まで登場人物の視点で
謎を楽しむことができました。
オペラはマンガ、ゲームでしか知らなかったので
実際は「あ、そこは歌うんだ」みたいな
イレギュラーな驚きがありますね。
主人公が歌手なので、劇中でショーがありまして
登場人物と一緒に出し物を楽しむ感じが
良かったです。
舞台後の素のご挨拶が可愛らしかった…!


梅田芸術劇場は館内撮影禁止なので
お外の写真。
タカラヅカ公演だけでなく
たくさんの舞台が公演されてます。
大阪はアクセスがよいのが魅力ですね。
この土日は観劇予定がありまして
日曜日もマンガ日記になりそうです。


宝塚歌劇 宙組 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演
ロマンス『不滅の棘』
2018/1/7(日)〜2018/1/15(月)
http://www.umegei.com/schedule/684/

| くくり | タカラヅカ日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
近況マンガ。タカラヅカ雪組公演観てきました。

お出かけしていて、
遅刻の日記になります。
タカラヅカの雪組公演を観に行ってきました。
「ひかりふる路(みち)
〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜」
フランス革命(1793〜1794頃)のお話でございます。


ロベスピエールの名は
タカラヅカの「1789」という演目で
初めて知りました。
(バスティーユ襲撃のお話)
恐怖政治を行った人物でありますが、
作中では、好きになった女性のため
革命を支えようとするものの
どうしようもない葛藤に苛まれる様子が
憎めないといいますか、
可哀想な人だなぁという印象でした。
主人公のお洋服もだんだん黒くなっていくんですよ。
衣装の演出、お上手だなー。



あまり重くるしく感じなかったのは
主人公の最初の雰囲気や、
まわりの人物が明るく優しかったから
かなと思いました。
友情と愛情の物語です。
新トップの望海風斗さん、真彩希帆さんの
お披露目公演でありました。



ショーは海をイメージした演出。
ジブリの「海が見える街」のアレンジが
たいへんステキだったです。
新しいカメラは暗いところの撮影が得意なので
劇場でも頼りになります。

タカラヅカの日記は前回からだいぶ空きましたが
今年はかなりの演目を観に行けました。
いつも家族と一緒にいっているのですが
お友だちが興味を持ってくれたのが
嬉しかったな〜。
夏からは1公演2回観に行ったりしてます。
幸せでございます。


公式サイト「雪組公演・ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜」 
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/hikarifurumichi/index.html 
宝塚大劇場 2017年11月10日(金)〜12月15日(金) 
東京宝塚劇場 2018年1月2日(火)〜2月11日(日)

| くくり | タカラヅカ日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
宝塚雪組公演「幕末太陽傳」に行ったお話。

5月3日にタカラヅカの雪組公演に
行ってきました。
ちょっと日が経ちましたが日記です。

「幕末太陽傳」とは
・古典落語をベースにした喜劇
・1957年に封切された川島雄三監督の映画を
ミュージカル化したもの
・幕末の遊郭「相模屋」に転がり込んだ
無一文の主人公「居残り佐平次」を取り巻く群像劇
です。

主人公は、居残り稼業。
(お金がないのに団体で遊郭で遊んで
最後に残って「ゴメン金ない」って言う仕事)
詐欺師というか、
しょーがねえにいちゃんだな!って感じ。
人当たりがよくて、ちゃっかりしてる性格の人物で、
ルパン三世のときの演出をちょっと思い出しました。

有名どころなキャラですと、
「高杉晋作」が登場人物として出てきています。
(主人公を不審に見つつも、助けてくれる人)
日本が変わろうとしている時代背景ですね。
タカラヅカの遊郭って、すごい品があってステキ。
舞台は二階建てのセットで、
ダイナミックでした!

印象的だったのは、序盤の主人公&ヒロインの
ダンスシーン。
着物でタンゴ!
こういう型破りなところが
タカラヅカのすごいところだなぁと思います。
ヒロインは女郎で、佐平次の上着を脱がそうと
するんですけど、いやらしさがなく
可愛らしい感じなのが良かった。
廓言葉っていいですね。
麗しいのに愛嬌があって。
トップのお二人は、この演目でご卒業ということで
未来への旅立ちというのも演出に含まれてました。



たいへん楽しかった!
シナリオはサービスしすぎるくらい
お笑い要素がたくさんでした。

また、春の舞台の恒例で、
新人ジェンヌたちのお披露目がありました。
ロケットの途中で拍手が起きたりして
ほんとにすばらしい演技で、
「あんなに立派になって…」と
親身に応援してました(´ω`)
(血縁者でもないのに…)

公式サイト「雪組公演・幕末太陽傳」
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/bakumatsutaiyouden/index.html
宝塚大劇場 2017年4月21日(金)〜5月29日(月)
東京宝塚劇場 2017年6月16日(金)〜7月23日(日)

| くくり | タカラヅカ日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
宝塚・星組公演「スカーレットピンパーネル」観てきました。

宝塚星組公演を日曜日に観てきました。
いつも家族で行っております。

「スカーレットピンパーネル」とは
・フランス革命が舞台
・主人公は、正体を隠した正義の味方
・正体がバレないように
 無実の罪で殺されそうになっている
 フランスの貴族を助けるために
 頑張る話
ざっくりとこんなお話。
ママンは「怪傑ゾロみたい」って
言ってました。
マンガだと「シティーハンター」とか
イメージに近いかも。

脚本も音楽も、新生星組が演じる
登場人物達もすごく良かったです!

好きなシーンは
フランス役人を攪乱するために
変な言いがかりをつける主人公パーシー。
(ピンパーネル)
このノリは、ふだん自分で描いてるものと
似てるなぁ…と思いました。
トップの紅ゆずるさんのギャグパート
大好きです。


パンフとチラシ
パンフレットは赤と黒で超かっこいいです。
シリアスありの喜劇。

舞台
幕が上がる前の舞台。
黒に赤の花が映えます。
スカーレットピンパーネル、
原作は「紅はこべ」。
宝塚歌劇用に原作からずいぶん
アレンジされてるようです。
潤色という言葉は、タカラヅカで初めて知りました。


公式サイト「星組公演・THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)」
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/scarletpimpernel/index.html
宝塚大劇場 2017年3月10日(金)〜4月17日(月)
東京宝塚劇場 2017年5月5日(金)〜6月11日(日)

| くくり | タカラヅカ日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
宝塚・宙組公演『王妃の館』を観てきました。

近況マンガです。
タカラヅカの宙組公演を観てきました。

ホテルに行ってみたくなる
スランプ中の恋愛小説作家が主人公ということで
劇中の役者さんの叱咤激励が
物を書く人間には、ぐさぐさ心に刺さります。

原作は浅田次郎著の「王妃の館」。
2015年に水谷豊さん主演で映画になって
いたのですねー。
今回の公演で初めてこの作品を知りました。
登場人物が多かったですけど
全員覚えましたので、キャラの個性豊かで
脚本・演出もよかったのだなぁと
宙組のポテンシャルに感動しました。
コメディはいいですね! もっかい観たいなぁ。

レビューの「VIVA! FESTA!」は
各国のお祭りをモチーフにした華やかなダンス。
ワルプルギスの夜、牛追い祭、
よさこいソーランと、馴染みのあるものもあり
祭りに参加している気分になりました!
雄牛の動きなのですよ
牛追いの大詰め、タイマンバトルのシーンが
お気に入り。
女性が演じているのを忘れるくらい
カッコよくて惚れ惚れします。

公演パンフレットとチラシ。
現代劇でファンタジーです。ステキです。
image2.JPG

こちらはレビューが始まる前のセット。
これだけで華やかさが伝わりそう〜。
image1.JPG
「とにかくなんか楽しいやつを〜」という方に
オススメしたい作品です。
男性客も多かったです。

公式サイト「宙組公演・王妃の館」
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/ouhinoyakata/index.html
宝塚大劇場 2017年2月3日(金)〜3月6日(月)
東京宝塚劇場 2017年3月31日(金)〜4月30日(日)

| くくり | タカラヅカ日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
宝塚・月組公演『グランドホテル』を観てきました。

近況マンガです。
タカラヅカの月組公演を観てきました。

月組公演いってきました
役者さんもスゴいですが、
脚本・演出もスゴいのです、タカラヅカ。

グランドホテルという作品は、1989年に
ブロードウェイで上演され、93年に宝塚・月組で
日本初演、今回24年ぶりの公演なのだそうです。
レビューは1927年スタートから90周年ということで
こちらも記念的な構成となってました。
新年にふさわしい、元気あふれる舞台で
たいへん面白かったでした!



月組トップは龍真咲さんから珠城りょうさんに
バトンタッチ。
珠城さんは、わたしが初めてタカラヅカを
観に行ったときに気になってた役者さんで、
(2012年・ロミオとジュリエット)
上まで駆け上がったんだな〜、
すごいな〜という思いです。
一方で、龍さんの声が聞けなかったのは
やっぱり寂しかったなぁ。



レビューの「カルーセル輪舞曲」の舞台設置。
これからはじまるよーってところ。
星空のメリーゴーランドです。
夢の世界だねえ。


公式サイト「月組公演・グランドホテル」
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/grandhotel/index.html
宝塚大劇場 2017年1月1日(日)〜1月30日(月)
東京宝塚劇場  2017年2月21日(火)〜3月26日(日)

| くくり | タカラヅカ日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
+ new + top + old +




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

INFORMATION

PROFILE

profilephoto
BlogMaster
Kukri(くくり)

マンガを読んだり描いたりしてます。
ゲーマーです。
僕まかリプレイ、FF関連、
オリジナル等、思いついたものを
綴っています。
ご訪問ありがとうございます。


PICK UP CONTENTS

僕まかユニットアイコン


僕まかアイテムアイコン


ストーリーの作り方


僕まかプレイ日記


FF11 4コマ日記








バナー

MY CHARACTERS

*ちょっと詳しい主要人物紹介*
不定期更新の魔界的マンガ。
初めての方にも読みやすいものを
目指していますので
お楽しみいただけますれば幸いです。

魔王様
* 魔王様 *
魔界の王様の一人。
主計長官と呼ばれることもあります。
仕事の合間に僕まかをプレイされてます。
砦を改造した小さめの城に
部下数名と住んでいます。
人間界の視察はヨーロッパ担当です。

ダークナイト
* ダークナイト *
魔王の副官。
古参の側近の中では一番年下で
縁の下の力持ち的な役割です。
やりだすと何事も凝り性。
ボードゲームなども得意です。
元は北欧の英雄でした。

ワーウルフ
* ワーウルフ *
獣人部隊長で一番槍。
日本の戦国時代が好きです。
頭を使うことは苦手ですが
好きなことの記憶力は異様。
調子にのったりへこんだり
忙しいです。

勇者ちゃん
* 勇者ちゃん *
元勇者で魔王様のお嫁さん。
語学と交渉術にすぐれており
現在は秘書として
重宝されているようです。
メンタルが強くあまり動じません。
一人でいることも多く、
よく寝ます。

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES


WHAT'S MAOH QUEST?
パブーで電子書籍を無料配布してます。
オリジナルの4コママンガです。

OTHERS